TW225をカスタム!他とは違う唯一のTWを仕上げよう!

今メインでいじっているバイクがヤマハのTW225なのですが、ここ数年車ばかりいじっていて手付かずでした。
先日友人から新しいバイクを購入したと連絡があり、いい加減仕上げなければと思っています。

一応目指す形は決まっていますが、まだまだ中途半端で外に出す気にはなりません。
このブログで初めてのバイクネタを書きたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ




バイク紹介

先ほども書いたとおりメインでいじっているバイクは「TW225」です。
キムタクがドラマ「ビューティフルライフ」で乗っていた事で有名になりました。

今ではTWと言えば「ストリート系バイク」として知れ渡っていますが、当初はオフロードやダートを走るために開発された車両だったとご存知でしたか?
初期のTW200を乗っていた方からすると今のTWはまったく別物だという意見も聞きます。

TWと言えばスカチューンが有名で、ストリート重視のカスタムが流行です。
私は当初TWをオフロード仕様にするつもりでしたが、パーツの少なさで挫折しました。

簡単ではありますが、TWがどんなバイクなのかを書いてみました。
販売が終了してからもう何年も経ちますが、今でもカスタムパーツを入手するのは容易です。
特にスカチューン系のカスタムパーツはオークションでも溢れかえっています。
とてもシンプルなバイクで尚且つ頑丈です。
バイクをいじってみたいと思っている方の「一台目」にはピッタリだと思います。

カスタムプラン

TW225のカスタムは色々ありますが、定番のスカチューンは正直好みではありません
ですが、スカチューンから学べる事もあります。

目指している形は「カフェレーサー風・英国風バイク」です。
良く分からないですよね…

車高が低く直線的なデザインを目指しています。
一番のポイントはタンクとシートが地面に対して平行である事。これが最重要事項です。

他にも無駄なパーツをなくす。(これはスカチューンが参考になります)
太めのタイヤを履き、出来ればバックステップ…

バックステップを導入すればカフェレーサー風の「風」が消えるのですが、TW225のバックステップは自作するしかありません。
ガレージが建ち、溶接機を購入したら自作するつもりです。

まとめ

簡単ではありますが、今後の方向性を書いてみました。
近々写真を合わせてTW225の紹介をしたいと思います。