初心者でも大丈夫♪ジムニーのオイル交換はこんなに簡単だったのか!

あなたは車のオイル交換どうしてますか?
ディーラー任せ?それとも車用品店?ガソリンスタンドでって人も多いのでは?
ジムニーなら専門ショップに任せる…なんてのも有りかもしれませんね。

私は以前スカイラインに乗っていたのですが、オイル交換や整備はディーラーにお願いしていました。
ですがジムニーに乗るようになってからは全て自分です!
こんなに弄りやすい車はありませんよ!

私は元々車いじりとバイクいじりが得意だったので、難なくオイル交換を始める事が出来たのですが、ジムニーなら出来るできない関係ありません!初心者の方でも問題なく弄れます♪
パッパッパッと終わっちゃいますよ♪

スポンサーリンク
レスポンシブ




必要道具

まずは道具がなければ何も始まりません。道具と言うより工具ですね♪
必要なのはこちら…

DSC_0145[1]

  • ラチェットレンチ
  • 17mmソケット
  • 17mmコンビネーションレンチ
  • フィルター取るやつ!
  • ジョッキ(写真取り忘れた!)

これだけあればジムニーのオイル交換は可能なのです!
ラチェットが小型ですが、たまたま手元に通常?サイズの20cm位のがなかったので今回は小型の物で…

フィルターレンチ?って言うのかな?これは各種ありますが、フィルターに被せるタイプの物をオススメします。
他にチェーンで絞って回すタイプがありますが、作業性は断然被せタイプエクステンションバーがあればなおよしです!

DSC_0144[1]

あとはオイル受けとそのまま燃えるゴミで捨てる事が出来る処理パックがあればGOODです。
ですが、この2つは別にいりません。
オイル受けはペットボトルでも処理パックででも代用は可能ですし、処理パックは牛乳パックにキッチンペーパーでもOK♪
※廃オイルの処分方法は各自治体によって違います。必ず従いましょう。

自分でやる醍醐味は極力お金を掛けない事ですよ!

DSC_0143[1]

後は主役のオイルにパーツクリーナー、フィルターにドレンパッキンです。
※ドレンパッキンは内径14mmです。材質は銅でもアルミでも可。

都度交換をするので、フィルターとパッキン共に純正品でなくても大丈夫です。

いざ!オイル交換

それではさっそくオイル交換です。

まずは暖機運転をしましょう。オイルを暖めて排出しやすようにします
※暖機運転のし過ぎもダメです!オイルが高温になり、火傷してしまいます。

DSC_0146

そしたら画像の赤丸(ドレンボルト)の部分を外しましょう♪

※出来ればコンビネーションレンチで緩めましょう。ラチェットは初期緩めに使う工具ではありません。
ドレンボルトを外せばオイルが出てきますがここでちょっとしたコツを…
緩めながらも上に押し付けつつ…完全に取れたら一気に離すっ!!
うまくいけば手が汚れません。廃油にはなるべく触らない方がいいでしょう。

※トルクレンチを持っていない方は、ドレンボルトを緩める前に白マーカーで印を付けましょう♪理由は後で。

次は青丸のオイルフィルターです。
こちらも緩めて外すだけですが、ドレン部からオイルを抜いてもフィルター内にオイルが溜まっています。
手を汚したくない場合、ビニール袋でフィルターを包んで外せば汚れないかもしれません♪

オイルは全部抜けましたか?
ドレンパッキンは必ず新品にしてドレンボルトを締めましょう。

この時先ほどの印が役にたちます!!

車でもバイクでもボルト一本一本に「規定トルク」というのがあります。
トルクレンチでトルク管理をしなければいけませんが、トルクレンチは高いですよね…
安物もありますが、精度はお世辞にも良いとは言えません。ないよりはマシですけどね。
そこで緩める前に印を付けておけば緩める前と同じトルクで締め付ける事が出来ます。

色々な整備を自分でやればお金が浮くので、まずはトルクレンチを買いましょう。

ちなみにジムニーのドレンボルトの規定トルクは

49N・m {500kgf・cm}
※ワッシャーは新品を使う事。

次はフィルターの取り付けです。
接地面のOリングにオイルを塗ってあげましょう。
オイルフィルターはOリングが接地してから1-3/4回転締めこめばOKです。
手で十分締め付けが可能です。工具を使用してオーバートルクにならないようにしましょう。

あとはオイルを入れればオイル交換は終了です。
ジムニーの推奨オイル量は

オイルフィルター交換:3.0L
オイルフィルター交換なし:2.8L

こちらがメーカー指定のオイル量です。
多少量が前後しても対して問題はありません。

オイルを規定量入れたらレベルゲージで確認です。
レベルゲージには穴が2つ空いています。先端側がLOWERで違う方がUPPERになります。
穴と穴の中間が理想だと言われていますが、規定量入れるとUPPERに近くなります。
大体の目安として、穴と穴の間にくれば問題ないと考えてください。

オイル交換の目安は?

これは私の考えですが、小排気量でターボエンジンだとエンジンを酷使しているのでオイル交換の目安は3000km又は3ヶ月が理想です。
オイルは人間で言う血液です。
いつもきれいでサラサラが良いですよね?

実際のコストは?

自分でメンテナンスをする醍醐味はお金を掛けずに済む…と思っている方がいるかもしれませんが、格安店でやった方が確実に安いです。
自分で出来る一番のメリットは色々なオイルを試せる事です。
格安店には負けますが、ディーラーよりは確実に安くあがります。

まとめ

いかがでしたか?思っていたより簡単ですよね?工具がそれ程必要ではなく、ジャッキも必要ありません。
よければチャレンジしてみてください♪