マグネット式MicroUSBケーブルが便利過ぎる?これでUSB端子が壊れる心配ともさよなら!

スマートフォンを充電するのに毎日microUSBケーブルの抜き差しをしますよね?
PCとスマートフォンでデータの移動をするなら一日に何度か抜き差しが必要になります。

この抜き差しを嫌う人が結構多いのをご存知でしたか?
Xperiaシリーズで多く採用されているマグネット充電端子や非接触充電のQiなど、世の中にはUSBの抜き差しをせずに充電が可能な端末もあります。
データのやり取りもクラウドを利用すればUSBケーブルは必要ありません。

ですがマグネット充電にもQiにも対応していないスマートフォンを使用し、クラウドも好きじゃない…
どうしてもUSBケーブルを使うしかないという方もいるはず。
私がその本人です。

そんな私にピッタリな商品がありました!
「マグネット式MicroUSBケーブル」です。

スポンサーリンク
レスポンシブ




マグネット式MicroUSBケーブル

私が購入したのは上海問屋の「DN-913839」です。

一見普通のUSBケーブルですが…

このように分離するんです。
これならスマートフォン側のMicroUSB端子は差しっぱなしでも大丈夫ですよね?

足を引っ掛けて端子を壊してしまう心配もありません。
引っかかれば取れてしまいますから。

マグネットも強すぎず弱すぎずでちょうど良い磁力です。
なので簡単には外れないけど簡単に外せるという矛盾の塊です!

構造

接続部分がどうなっているのか見てみましょう。

ピンが5本ありますね。
ケーブルの耐久性はそんなに高くなさそう各部の仕上げも値段なりでしょうか…
見た目より性能に期待しましょう。

全部で10箇所穴が空いおり、ここにケーブル側のピンが刺さります。
上海問屋のDN-913839に限らず、多くのマグネット式MicroUSBケーブルが裏表がない構造になっています。

先ほどのケーブル側の画像ではピンが5本でしたよね?そして端子側の穴が10箇所…
尚且つピンが片側に寄っていませんか?
これが裏表関係なく充電が出来る秘密なんですねー

使ってみよう

端子側だけ取り付けてみました。
かなり小さくなっているので付けたままでも気になりません
スマートフォンをケースに入れて使用しているなら出っ張りが出ない位の薄さです。
手帳型のケースだとケースから端子が飛び出すこともないようです。

こちらがケーブル側です。
LEDが付いているので通電の確認が出来ます。
この手のLEDは必ず眩しいですが、これも眩しいです。
寝ている時に充電する方が多いと思いますが、枕元にあると眩しい位です。
すこし放して置いた方が良いでしょう。

ドッキング!
カチッとはまります。ピンが細いので少し不安でしたが何事もなく、少しラフに扱っても問題なく接続が出来ます。

しっかり充電が出来ていますね。

専用の器具があるわけではないのでこのケーブルの性能を計ることはできませんが、しっかり充電はしてくれます。
一応QC(クイックチャージ)にも対応しているようです。

尚且つデータ転送にも対応しているなんて理想どおりの製品ですよね♪
※向きによってはデータ転送が出来ないので、差し替えをしてください。

まとめ

同じような商品が数多く売られていますが、何故これを選んだのか…
アキバに行ったからです。
マグネット式MicroUSBケーブルは故障の頻度が高いらしく耐久性は要観察です。

これより安い物もあるので、壊れたら他の製品を試してみたいと思います。
USBケーブルにしてはかなり高額ですが、便利なので是非使ってみてください♪