ローコスト住宅は本当にローコストなのか!?実際に住宅展示場に行ってみた。

数ヶ月前からマイホームを購入しようかと計画しています。
住みたい地域は決まっており、土地探しに奮闘しております。

マイホームを持てばバイク専用ガレージを置けるし、駐車場でジムニーをバラそうが文句は言われません。
そんな夢が広がる計画ですが、如何せん資金がない…

土地はまあなんとか買えますが、建物はローンを使用することになるでしょう。
今のご時勢、家と言えどそんな高いのは買いたくない…

なので巷で話題?のローコスト住宅を検討してみる事にしました。

スポンサーリンク
レスポンシブ




ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、その名の通りお安い建物の事です。
外壁や木材、屋根に内装品などをケチってお安く提供しているようです。

ケチってと書いていますが、全体的にグレードの低い物を使っているだけで問題があるわけではありません。
高いお家には、それだけ高いものを使っているということです。

グレードが低くても使用に支障はなく、普通の生活を送る事ができます。

本当にローコストなのか

ここでは、私が実際に住宅展示場へ行ってきて感じた事を書きたいと思います。

まず初めに、私はどのような家が欲しいのか。予算はいくら?等を書いてみましょう。

予算 総額1200万円前後
ローン支払い期間 15~20年
建坪 13坪前後
述床面積 25坪前後

これが私が求めるお家です。
※予算に土地代は入っていません。

この位の予算で、上の支払い期間だと月々の支払いは約50000円程でしょうか。
繰上げ返済をする予定なので、実質12、3年程で返せれば良いなと思っています。

これらを頭にいれて読んでいただければ幸いです。

ローコスト住宅会社の予算算出方法

今回お伺いしたのは、家から最も近いローコスト住宅メーカーのH社です。

家の見学と説明が一通り終わると早速お話タイムのスタートです。
いかにこの家が素晴らしいか、どれだけ安いか、こんな話から始まりました。

これはどこのハウスメーカーでも同じでしょうね。
自社製品を否定する営業マンはいないでしょう。

その後、まず聞かれるのが月々いくら払えるのか。
これは今の家賃+αの50000円に設定。まだ払えますが、月々の負担が少ないに越した事はありません。

私が50000円と答えると、表を取り出してこんな事を言い出しました。
「ぼうずさんは1800万円の家が買えますね♪」

はっ?
事前アンケートで予算を記入する欄があり、そこには1000万円前後と記入済み。
それに1800万円はどこから出てきたのか。

詳しく聞いてみると、月々50000円の返済なら、35年ローンで1800万円支払えます。との事。

また…はっ?

私は35年ローンを組むとは一言も言っていませんが、35年で予算を算出するのが普通らしいです。
ここで私の不信感が急上昇中。

ローコスト住宅メーカーは、35年ローンが当たり前だと思っている!!

適正延べ床面積

家を建てるなら、部屋数や間取り、延べ床面積を決めなくてはなりません。
ローコスト住宅は部屋数と間取りに自由度がなく、既存の設計図から選択する形になります。

延べ床面積も自由度はありません。
決められた数多くある図面の中から希望に近い物を選ぶしかありません。

延べ床面積を決める前にまず聞かれる事があります。
「ぼうずさんは将来何人でお住みになる予定ですか?」と…

今後家族が増える予定なので、4人と答えたのですが…
「なら述べ床28坪の家ですねー」

伺ったローコスト住宅メーカーでは、一人7坪を推奨しているらしいです。
希望通りの広さを伝える事も出来ましたが、面倒くさいのでそのまま続行です。

総額いくら?

今回は営業マンに言われた通りの条件でおおよその見積もりを出してもらいました。と言うより、勝手に出されました。

総額 約1800万円
ローン期間 35年
月々の返済額 約50000円
述べ床 28坪

一応ですが、事前のアンケートで私が希望する条件は全てお伝えしています。
それをことごとく無視してくるので注意が必要。

1800万円も払うなら、ローコスト住宅でなくても有名なハウスメーカーで家が建ちます。
とてもローコストとは言えませんね。

何がローコストなの?

では、メーカーは何をローコストと言っているのでしょうか。

私が伺ったH社では、述べ床18坪を約800万円で販売しています。税抜きですよ。
税込みだと約870万円程でしょうか。

18坪が狭いとは言いません。住めば都で慣れるものです。
ですが、18坪の家を建てる人はそうそういないと思います。
※田舎の場合。都会は別です。

それに、約870万円は本体価格のみで工事費は別…
もろもろで1100万円程になりますね。

1100万円出すなら、地元の工務店でもっと広い家が建ちますよ。

まとめ

家を調べ始めて良く聞くのが、「ローコストほどローコストじゃない!」
確かにそうだなと思いました。

私の希望通りのプラン選定をし、話を進めれば高くても納得は出来ますが、営業マンに都合の良いプランを出されても気分を害します。

家は一生に一度の買い物です。
出来れば良い営業マンに担当していただき、安く、良い物を買いたいですね。

今後も多くの住宅メーカーをまわる予定なので、都度感想を書いていきたいと思います。