おもしろ無線を聴いてみよう!IC-R6が一番おすすめ?

以前ブログで紹介した八重洲のVR-160は諸事情で友人に譲ってしまいました。

少しずつですが時間に余裕が出来てきたので、またアマチュア無線の資格を取得しようと考えています。

まずは無線と触れ合うという意味で、「ワイドバンドレシーバー」を新たに購入することにしました。

スポンサーリンク
レスポンシブ




ワイドバンドレシーバー選び

以前こちらの記事でワイドバンドレシーバーの選び方を書いています。

初心者目線のワイドバンドレシーバー選び!私ならこう選びます♪
暑い日が続きますね… 今日は日差しが強くて少し痛いくらいです。 毎年日本一暑い!!地を争っている場所の近くなので、暑くてたまったもん...

参考にしてみてください。

今回は予算の都合で中古品を購入する事にしました。
本体+クローニングケーブル+クローニングソフトのセットが結構安く売りに出ていたのでラッキーでした。

IC-R6

IC-R6はicomが発売しているワイドバンドレシーバーです。
VR-160、DJ-X81とこの3機種は比較的安価で購入が出来るワイドバンドレシーバーです。入門機にはもってこいな機種です。

特にIC-R6は一番人気があり、インターネットで検索するとIC-R6について書かれた記事を良く目にします。

では何故、IC-R6はこんなに人気なのでしようか。

人気の理由

IC-R6が人気の理由はなんと言っても「サーチスピード」ではないでしょうか。

IC-R6 VR-160 DJ-X81
スキャン速度(毎秒) 52.7チャンネル 8.5チャンネル 10.3チャンネル

IC-R6のサーチスピードは他の機種と比べ比べ物にならない速さです。

後は電池のもちが良いと言われていますが、メーカーが公表している値はあてにならないので割愛です。
実際に使用してみてどの程度持つのか試してみたいと思います。

開封

まずは本体からです。

パカッ

中身は必要最低限の物しか入っていません。
中古ですが見た感じ欠品はなさそうです。

アンテナをセットしてみました。
VR-160より少し大きいですが、まだまだ私の手には小さいようです。

小型が好きなあなたにはオススメ?スタンダードVR-160は予想以上に小さかった。
天気の悪い日が続いていますね… こんな日はゲームボーイでポケモンをやるのが一番! 古いゲームですが、結構面白いです。初期が一番のお気...

IC-R6は通称「歯抜け」状態で出荷されいます。
各ショップで受信改造を行っている場合がありますが、今回購入したIC-R6は多分改造がされていません。
歯抜け状態でも困る事はありませんが、なんとなく後日改造予定です。

クローニングケーブルのOPC-478とソフトウェアのCS-R6です。
IC-R6はテンキーレスモデルなので、出来ればこの2点を購入したほうが良いでしょう。
無くても周波数の登録が可能ですが、面倒だと思います。

まとめ

やっと…落ち着いて趣味に没頭できそうです。
IC-R6は主に車で使用する予定なので、モービル用アンテナや取り付け方法などを今後書いていく予定です。

平行してアマチュア無線の強も進めたいと思います。