車用の掃除機を買おう!今はハンディー掃除機が熱い!!

皆さんは車に「掃除機」を掛けていますか?
運転席って意外と汚れるし、フロアマットには草が絡まって悲惨な事に。
意外と車内って汚くなってしまいますよね?

車用として売られている掃除機が多々ありますが、シガータイプは吸い込みが弱くて使い物になりません
洗車場へ行けば強力な有料掃除機がありますが、一回の掃除で数百円も使うとトータルで結構な出費に…

家でも手軽にしっかり掃除機を掛けたい!と思い、車掃除にピッタリな掃除機をご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブ




掃除機

掃除機には2つの種類があります。
ハンディータイプキャニスター型です。
今回は車用掃除機ハンディータイプキャニスター型の3つに分けて説明していきます。

車用掃除機

車用掃除機として売られている多くの物が「シガーソケット」から電源を取るタイプになっています。
コンセントがいらず、何処ででも掃除機が掛けられるので手軽さはあります。
ですが、どうしても吸い込みが弱くなってしまいます。
ハンディータイプや家庭用コンセントを使用する物に比べると明らかに弱いのです。

省電力でハイパワー、使用可能時間の増加は年々素晴らしくなってきています。
これは主に「ハンディータイプ」にみられる事で、車用掃除機で良い製品が出ているとは言えません。

ハンディータイプ

ハンディータイプの掃除機は使用可能時間が短いですが、軽くて小型なので取り回しが良く車用にはもってこいです。
使用時間が短いと言っても、多くの製品で約15分程の掃除が可能なので車一台掃除するには十分な時間です。

ハンディータイプ掃除機で最も有名なのは「ダイソン」ですが、かなりのハイパワーでコンパクト。車用と言って良い位の製品です。
値段が高く、他のハンディータイプと比べると使用時間の短さ、充電時間の長さが目立ちますが性能はピカイチです。

キャニスター型

一般のご家庭では本体を引きながら掃除機を掛けますよね?これを俗に「キャニスター型」と言います。
コンセントに挿して使用するので、ハンディータイプとは比べ物にならない吸引力があります。

吸う力=吐き出す空気なので、そのぶん騒音が酷いです。
家の中では問題になりませんが、車に使うとなるとご近所の目が気になります。

コンセントを使用するので使用場所も限られ、本体が大きいこともあり「持ち家で駐車場がある人」は使えなくはないと思います。
今回は「車用掃除機」がテーマなので紹介のみとします。

商品紹介

私が購入を検討している掃除機をご紹介します。

マキタ CL107FDSHW

マキタと言えば「電動工具」を思い浮かべませんか?
実はハンディ掃除機もあるんです。

主に作業現場で使用されていますが、プロ用なのでサクッと使えてパワフルな吸引力が売りです。
中でも一番魅力的なのがクラス最高の「吸込み仕事率」です。
パワフルモードでは32Wの仕事率を発揮し、約10分間の掃除が可能です。
少し短いですが、標準と強モードを使い分けることで最長で約25分間の掃除が出来ます。

現在品薄状態が続き、プレミア価格で販売しているお店も出ています。
通常であれば14000円前後で購入出来るのですが、今は20000円オーバーが相場です。
品薄なのは人気が高いからでしょう。

日立工機 R10DAL

日立工機も「電動工具」で有名ですよね?
マキタと同様にハンディー掃除機があります。
マキタ、日立工機共に作業現場の為の「プロ用ハンディー掃除機」を発売しています。

吸込み仕事率ではマキタのCL107FDSHWに負けますが、強モードでは24Wを発揮し引けを取りません。
仕事率は低いですが、仕事率以上の吸い込み力があると言う口コミが多数あります。
吸込み仕事率が全てではありませんが、これは嬉しいですね。

強モードでは約13分の掃除が可能で、標準と弱を使い分ければ最長で約25分間使用できます。

相場が13000円程で多くのショップから購入が可能です。

ダイソン DC43 モータヘッド

数あるダイソン掃除機の中で最も車用としてピッタリなのがDC43です。
値段が安価でコンパクト。吸引力の強さから車用にピッタリだと判断しました。

モーターヘッドはヘッド部にモーターを内蔵し、掃除面を叩く事でゴミをかき出しています。
これはフロアカーペットに入り込んだ小さな石や草の吸出しに有効ではないでしょうか。

ダイソン製掃除機の欠点が使用時間の短さと充電時間の長さです。
使用時間が強モードで8分充電時間はなんと5時間半です…

値段は公式通販で25000円程で購入可能です。
価格.COMでは20000円程のお店があります。

3機種スペック

CL107FDZW R10DAL DC43
吸込み仕事率(使用時間) パワフル:32W(10分) 強:24W(13分) 強:不明(8分)
強:20W(12分) 標準:18W(17分) 通常:不明(20分)
標準:5W(25分) 弱:10W(25分)
重量 1.1kg 1.0kg 1.61kg
本体サイズ 960×112×150 970×102×148 410×145×204
バッテリー容量 10.8V-1.5Ah 10.8V-1.5Ah 不明
充電時間 約22分 約30分 約5時間半
値段 約14000円 現在品薄 約13000円 約20000円

CL107FDZWR10DALは吸込み仕事率や使用時間に差はありますが、その他はほぼ同じです。
セットで購入をすれば充電器も付いてくるので、今後使うであろう工具に合わせたメーカー選びでも良いかも知れません。
この2つは使い分けをしても差を体感出来ないのと予想しています。

ダイソンは不明な点が多々ありますが、全ての項目で劣っている印象です。
ですが、吸引力はダイソンが一番でしょう!使わなくても分かります。

まとめ

近々上記3機種の中から掃除機を購入します。
購入後にレビューを載せたいと思います。

車用に購入をしますが、どれも家ようとしても十分使用できる掃除機です。
嫁が使うことも考慮した商品選択が出来れば良いですね♪