エスクァイアをちょっとオシャレに!リアゲートキャッチにカバーを取り付けてみる。

久しぶりにエスクァイアネタを…

トヨタの3兄弟、ノア、ヴォクシー、エスクァイアは高級車のような外観をしていますが随所にコストカットが見受けられます。
数百円単位のコストカットでかなり頑張っているんだろうなと感心してしまう程です。

特にコストカットで気になる場所は「ヒンジ等のカバー」です。
車には高級車であればカバーが掛かっている場所が多数あります。軽自動車や大衆向けの普通車にはカバーが取り付けられていません。
意外と安い部品が多いので、自分で交換してみることにしました。

スポンサーリンク
レスポンシブ




リアゲートキャッチカバー

リアゲートのキャッチって気にしてみた事がありますか?
実はここには普通車であれば多くの車にカバーが掛かっています
何故かエスクァイアには掛かっていません。

こちらがエスクァイアのリアゲートキャッチです。
金属部が剥き出しなのが分かるでしょうか。

特にこのままでも不具合はありませんが、見た目重視でカバーを取り付けてみることに。

準備した部品はこちら。
カバーとボルト3本です。

カバー:69321-28020
ボルト:90119-06904

4点で1000円程で購入が可能です。

取り付け

取り付けはとても簡単です。
ボルトを交換してカバーを取り付けるだけ!

まずはボルトの交換です。
ノーマルの状態ではこのようなボルトが付いていますが…

購入したボルトに交換。
その際、全てを一度に外すのではなく、2本交換して1本交換するなどして必ず1本はボルトが留められている状態にしましょう。
ネジ穴がズレる可能性があります。

後はカバーを取り付けるだけ。
少し可能が必要ですが、干渉する場所をカッターでカットすればOKです。

しっかり取り付けられていますね。

まとめ

地味なパーツですが見た目が良くなりました。
1000円なのでお小遣いの少ないパパでも安心です♪
是非試してみてください。