第5回!Gmade R1ロックバギーを組み立てよう。リアホーシング・サーボ編

前回でフロントホーシングの組み立てが終了しました。
サーボの取り付けもありますが、それはまたの機会に…

本日はリアホーシングを組み立てたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ




前回のおさらい

サーボマウントとリンクマウントの取り付けをもってフロントホーシングの組み立ては終了しました。
ネジの長さが違うトラブルはありましたが、順調に進んでいます。

たまたま私のキットだけ長さが違ったのか。
全てのキットがそうなのかは定かではありませんが、これから組み立てる方は一応注意してみてください。

リアホーシング

リアホーシングもフロントホーシングと大差ありません。
使うパーツがほぼ同じで、違うのはハブだけです。

ちゃちゃっと組み立て完了です。
ただ写真を撮り忘れただけなんですけどね…

次はリンクマウントの取り付けです。
フロントと同様に向きには気をつけましょう。

ホーシングにはめ込むのですが結構きつめになっています。
リンクマウントを若干開き気味にしてはめ込んであげてください。

これでリアホーシングも完成です。

フロントホーシングの組み立てで慣れたせいかリアはさくさく進みました。

サーボの取り付け

前後ホーシングの組み立てが終わり、待ちに待った?サーボの搭載です。
サーボには色々な種類がありますよね?

クローラーには「ハイトルクサーボ」が良いと言われています。
その理由はやってみないと分からないのですが、競技会に参加するならそうなのでしょう。
お遊びメインなら必要ないのかな?
ハイトルクサーボでもお値段はそれ程高くなかったので、ハイトルクを買ってしまいました。

今回使う部品はこちらです。

  • フロントホーシング
  • サーボホーン
  • サーボ

サーボホーンはXtraspeedの物です。安価で良い物を売っているメーカーなのでオススメですよ♪
サーボはPowerHDのLF-20MGです。20kgのサーボですね。

サーボの側はアルミ製で放熱性が優れているのが分かります。
こちらのサーボは2000円しない位で購入しました。
スペックや材質は値段以上です。実際に使ってみてどうでしょうか。
楽しみです。

取り付けました。
さまになってきましたね♪
メカ類が載ると急にラジコンらしくなってきます。

本日はここまでです。

まとめ

本日はサーボを載せる所まででした。
ラジコン界で有名なサーボメーカーがありますが、とても高くて手が出ません。
海外通販では安価で高性能なサーボが多数売られています。

TowerProなんて安価で有名なサーボもありますよね?
今は安価でそこそこ性能が良い物が買える時代です。出来るだけお金を掛けずに楽しみたいですよね♪