エスクァイアのスタッドレスはブリザックVRX!

遂にこの季節がやってきました。
そう!スタットレスを履く季節です。

エスクァイアに乗り換えて初の冬。実は人生で初めてマイカーにスタットレスタイヤを履きます。
正月には雪が降る地域に行く予定があるので履き替えを行ってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スタットレスタイヤ

突然ですが、皆さんはどこのメーカーのスタットレスを使用していますか?どんな基準で選んでいますか?
元々車好きなので沢山の方の意見を聞く事が出来たのですが、多くの方が「スタットレスはブリザック」と答えました。
ブリザックは長持ちする、他社の物に比べて柔らかさが持続するなど良い意見ばかりでした。
価格が他社に比べて割高ですが、長持ちするので長い目で見ると割安です。

今回準備したのはこちらのブリザックVRXです。
実はこれ知り合いに格安で譲って頂きました。あまり使用していなかったらしいのでまだまだ使用可能。

かなりの破格なので1シーズン持てば元が取れてしまいますが、2016年の12月製造なので後3年はこれで戦えますね。
ブリザックなら5年はいけちゃうかな?

タイヤ交換

お店にお願いすると結構良いお値段を請求されるので自分で交換です。

交換前に空気を適切な数値まで充填します。※保管時に半分程度に抜いてある為。
ノーマルタイヤは2.4kPaが指定なので同じで問題ありません。

まずはフロントから交換です。
※必ず輪留めを設置しましょう。

まずはタイヤが接地している状態でナットを緩めます

緩めたら早速ジャッキアップです。
車にはジャッキポイントが何か所もありますが、サイド部にあるジャッキポイントで上げるのはやめましょう
鉄板が曲がったり、ボディーねじれの原因になります。

出来ればフロントとリアを持ち上げて2本ずつ交換するのが理想です。
では、フロントのジャッキポイントの確認です。

画像の赤丸がフロントのジャッキポイントです。
ノアとヴォクシーも同じだと思います。

ジャッキでサクッと持ち上げ…

サイドのジャッキポイントにウマを入れます。
※ジャッキだけでは車が横転したり、下がってくる可能性があるので必ずウマを使用しましょう

後は取り外してスタットレスを装着。仮締め後にタイヤを接地させて本締めを行いましょう。

フロントが少しはみ出していますが、タイヤの膨らみなので問題なしです。

リアも作業内容は同じです。

ジャッキポイントを確認。

ジャッキアップ後ウマを掛けて交換です。

前後の交換が終了しました。

サマータイヤの保管

サマータイヤは中性洗剤などでしっかり洗浄をし、日陰で乾燥させてください。
保管方法はスタットレスと同様に空気圧を半分程度まで落とし、横置きで積んで置きます。
場所は日陰で風通しが良いのが理想です。

まとめ

車が大きいので少しジャッキアップが怖かったですが、無事完了しました。
サイドでジャッキアップをする方が多いですが、極力避けてください。本当に歪みます。

タイヤ交換の工賃を払う位ならジャッキとウマの購入資金に充て、自分でやってみても良いのではないでしょうか。