エッセのバンパーに穴をあけてみよう♪準備編

スポンサーリンク
エッセ

エッセのバンパーにデザインを施し、穴あけの準備を行いたいと思います。

穴あけの必要性などについて前回書きました。
合わせてご覧ください。

エッセのリアバンパーの穴空けについて考えてみる。

スポンサーリンク

穴空け準備

早速穴あけの準備を行います。

バンパー取り外し

バンパーを取り付けた状態でも穴あけ、デザインは可能ですが「作業性の良さ」はとても重要です。
エッセのバンパーは簡単に外せるので外してしまいましょう。

テールランプは2本のボルトで取りつけられています。

テールランプは二本のボルトで固定されています。これを外してください。
合わせて下のボルトの更に下。クリップがあるのでこちらも外します。

タイヤハウス内にもネジが一本あります。

タイヤハウス内です。
ネジ留めされています。ここはプラスチック部品がダメになっている事があります。ネジを回しても外れない場合があるので裏からネジを押してあげると外せる場合があります。
それでもダメならペンチなどで掴んで引き抜いてください。
左右にあります。

バンパーを固定しているクリップ

こちらもタイヤハウス内から見える場所です。ボディ側のステーとクリップで留まっています。クリップ外しの専用工具があれば簡単に外せます。無くてもマイナスドライバーで中央部分を少しづつ浮かせれば外せます。
こちらも左右あります。

ナンバーも外します。ボディと共締めです。

ナンバープレートも外しましょう。
ボディにネジ穴があるのでナンバープレートもバンパー固定部品になっています。

ライセンス灯も前もって外しておきましょう。

ナンバープレートが外れたらライセン灯を外します。
左右どちらかにズラせば外れます。

テールランプを外すとバンパーの両端がはめ込まれています。

テールランプを外すとバンパーの両端が黒い場所にはめ込まれているのが分かります。
ここを引っ張るとバンパーが浮きます。

バンパーが外れました。

バンパーが外れました。
汚れがひどいので綺麗にしてあげましょう。

きれいになりました。

バンパーを外したついでに防錆も行いたいので念入りに掃除を行いました。
これでバンパーの穴あけ準備は完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました