社外、他車種用シート。エッセ用使える物は?

スポンサーリンク
エッセ

シートのホールドはどうですか?
エッセのシートはお世辞にもいい物とは言えませんよね。

エッセに取り付けが可能な社外、他車種のシートを探してみました。

スポンサーリンク

エッセ用社外シート

エッセ専用に売られている社外シートはありません。
社外シートはシートレールで汎用性を持たせています。エッセ用のシートレールがあれば、対応しているシートが何でも取り付けられるという事です。

社外シートメーカーは数社ありますが、今回は3つに分けてみました。

  • ブリッド
  • レカロ
  • 無名

ブリッド

ブリッドのシートはメイドインジャパンです。
日本のメーカーだけあり、シートの設計が日本人の体系に合うようになっています。

エッセ用のシートレールはブリッドから発売されています。
メーカーから出ているシートレールなので対応しているシートがとても豊富です。
社外品は車検に通らない可能性があります。強度や車検の事を考えると正規品がおすすめです。

レカロ

誰でも一度は耳にしたことがある。そんなシートメーカーのレカロ。
レカロはドイツの会社なので、設計が欧州人向け。日本人にはホールドが弱く感じるものもあります。
設計が細めのシートは日本人でも程よくホールドしてくれます。

無名シート

世の中には無名のシートが多数あります。
それらは主にレカロのコピー品です。シートレールがレカロのものに適合するように作られている物が多いです。

エッセに使用可能な純正シート

最初に書いておきます。どんなシートでも、手を加えれば取り付けは可能です。
紹介するシートは少しの手間で取り付けられる物に限ります。

コペン純正シート

コペンの純正シートは流用の定番です。
軽自動車でなおかつ同じメーカー。初期のコペンのシートは比較的簡単に取り付けが可能です。
加工方法が確立されているので道具があれば難しく感じることはないでしょう。

エッセに合うシートは?

個人的にはエッセにレカロやブリッドは少し贅沢?かなと思ってしまいます。
純正流用が一番しっくりきますね。

社外シートや純正流用シートでは取りつけ以外にも色々な不都合が実はあります。
それは次回に致しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました