ジムニーにもバケットを…バケットシートのすすめ!

車好きが一度は憧れる?バケットシート…
ジムニーにも使用している方が意外と多いのをご存知でしたか?

クロカンなどの悪路走行時には、ホールドが大切という事でしょうか。
身体がブレてはしっかりと運転が出来ませんからね。

実は私も運転席だけ変えています。
オンロード9割のなんちゃってオフローダーですが、バケットシートはオンロードでも効果絶大です。

本日は、ジムニーにバケットシートを検討してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




シートメーカー

世界中には何社ものシートメーカーがあります。
その中でも、日本人にも馴染み深いメーカーを紹介したいと思います。

RECARO

シートメーカーと言われるとどんな会社を思い浮かべますか?
世界中で最も知名度が高いのは「RECARO」ではないでしょうか。※以降レカロ
車に興味がない方でも、一度は耳にした事があるメーカーでしょう。
レカロはチャイルドシートも出しており、本気で買おうか悩みましたが、女房に却下され泣く泣く諦めました。

レカロのシートは販売数がとても多く、中古市場でもかなりの量が流通していおり、程度の良い物が安価で購入出来る場合があります。
状態が悪くても、張替えをしてくれる内装屋が数多く存在するので意外と安く買えてしまいます。

レカロはドイツのメーカーで、車関係はやはりドイツだなと思い知らされます

BRIDE

BRIDEは近年知名度を伸ばしてきているメーカーで、日本人の体形に合ったシートだと言われています。※以降ブリッド
その理由が、ブリッドは日本のメーカーだからです。
シートメーカーは国外の会社がほとんどで、身体が大きい外人向けに作られています。ですので、小柄な日本人にはフィット感があまりなく、バケットシートの意味をなさない場合があります。
その点ブリッドは、日本のメーカーだからこそ日本人に合ったシートを作り、知名度とシェアが伸びてきているのです。

海外メーカーでは対応していない国産車でも、ブリッドなら対応しているなど、国内メーカーならではの強みがあります。

SPARCO

SPARCOはイタリアのシートメーカーです。※以降スパルコ
日本では、レカロやブリッドと比べると知名度が低いですが、好んで使用する方もいるようです。

私はスパルコのシートには座った事がありませんが、座った方の話を聞くとかなり大型に作られており、日本人には合わないとの事でした。
身体が大きめの方には良いのかもしれませんね。

偽物

悲しい事ですが、有名メーカーのシートには偽者が存在します
パッと見は本物ですが、プロが見れば一目瞭然らしいです。
私のような素人には見分けがつかないでしょう…

シートの裏側にはシリアルナンバーが書かれたシールが貼ってあるので、ひとつの判断材料として覚えておきましょう。
正規のシートレールとの穴位置も判断材料になりますよ。

ジムニーに合うシート

ではジムニーに合うシートって何でしょうか。

ジムニーカスタムショップからは、ブリッドのジムニー向けシートが売られています。
1脚10万円とかなり高額ですが、そこはブリッド…素晴らしいフィット感でしょう。

私がオススメするのはレカロの「SR-Ⅲ」です。
中古部品販売店、ヤフオク共に程度の良いものがかなり安く購入出来ます。
レカロ正規のシートレールを購入しても5万円でおつりがきますよ。
※シートレールは出来れば正規品を使いましょう。安価な物が売られていますが、良い噂を聞きません…

ちなみにですが、私はレカロのSR-Ⅲを装着しています。レールとシートで4万円程で手に入れました。

まとめ

バケットシートはオンでもオフでも効果を実感できます。
※フルバケではなく、セミバケを購入しましょう。

バケットシートは乗り降りがし辛いと思われがちですが、ジムニーではまったく気になりません。
バケットシートが入っているだけで、かっこよくてやる気にさせてくれますよ。