こんな便利な物があったなんて!ジムニーにぴったり?パンク修理セット。

スポンサーリンク
ジムニー

先日こんな物を貰いました。

img_20161114_214625

これご存知の方はいますか?
結構有名らしいですが私は知りませんでした。

物は「パンク修理セット」ですが、とても便利らしいですよ。
ジムニーにスペアタイヤを取り付けていないので、パンク修理セットの導入は検討していました。
せっかく頂いたのでジムニー用に決定!

本日はパンク修理セットについて書いていきます。

スポンサーリンク

パンク

タイヤがある乗り物なら「パンク」は必ず起きる事です。
その為に、車ならパンク修理セットやスペアタイヤを載せておく必要があります。

ジムニーでスペアタイヤを取り外している車を良く見ませんか?
私はスペアタイヤを取り付けておらず、パンクの不安がなかった訳ではありません。
まあパンクなんてしないだろう。と考えていますが、いざパンクしたらかなり焦ると思います。

スペアタイヤかパンク修理セットが車にないと車検に通りません。
必ずどちらかを載せておくようにしましょう。

パンク修理セット

最近の車にはパンク修理セットが載っているのをご存知でしたか?
コストカットと燃費向上を狙った為だと思われますが、スペアタイヤがありません。

パンク修理セットなら、手軽に誰にでも修理が可能です。

ですが、デメリットもあります。
穴を塞ぐ為に溶剤をタイヤ内へ注入するのですが、しっかりとパンク修理をするには溶剤を取り除く必要があります。
取り除くのがとにかく大変で、尚且つ長距離走行は出来ません。パンクの応急処置で使用します。
パンク修理セットを使用した場合「タイヤの再利用は不可」と考えた方が良いでしょう。

タイヤを履き替えたばかりでもったいない!パンク修理して欲しい!
これらの手順を行う必要があります。。
ホイール脱→タイヤ脱→溶剤除去→パンク修理→タイヤ着→ホイール着

通常のパンク修理より手間が増え、パンク修理剤を注入したタイヤの交換や修理を断るお店もあります。
便利ですが、デメリットが結構きついです。

スペアタイヤ

スペアタイヤが今でも標準装備の車は数多くあります。
ジムニーもそのうちのひとつですね。

スペアタイヤの代わりにパンク修理セットを置くようになったのはここ数年です。

スペアタイヤならある程度の走行は可能になり、そのままパンク修理してもらえばそれ程コストは掛かりません。

ジムニー乗りの方はしょっちゅうホイールの脱着を行っていることでしょう。
ですが、車を弄らない方はジャッキの使い方やジャッキポイント。ホイール脱着時のルールなんて知らないですよね?
スペアタイヤへの交換は「ある程度知識がある人」でないと出来ないのではないでしょうか。

スライムタイヤシーラント

私が貰ったパンク修理セットは「スライムタイヤシーラント」という商品です。
使用方法は純正の修理セットと同じです。

なぜ有名で、便利なのか…
それは溶剤に秘密があります。

純正の溶剤は後処理がとても大変なのは先ほども書きました。
繊維等を含み、綺麗にするのが嫌になるほどです。
スライムタイヤシーラントは水溶性で水で洗い流す事ができて環境に配慮されています。

洗い流すのが簡単であれば、その後のパンク修理も手が掛かりません。
この事から人気が高いようです。

まとめ

今まで一度もパンクした事はありません。
ですが、もしかしたら明日パンクするかも…

いつ起きてもおかしくないのが「パンク」です。
備えあれば憂いなしです。

スペアタイヤを外しているジムニー乗りにはオススメ出来るパンク修理セットです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました