ジムニーのボディリフトで自作ブロックは本当に安全なのか…

久しぶりのジムニーネタになります。

たまにですが、以前紹介したJB23のリストアップについて質問をいただきます。

その内容ですが、「作成したボディリフト用ブロックでボディのズレは起きないのか」と言う内容です。

本日はボディリフトについて素人なりの考えを書きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




ボディリフト

ボディリフトは皆さんもご存知の通り、シャーシとボディの間にブロックを噛ませボディを持ち上げるカスタムです。

通常はシャーシとボディを完全に切り離し、それからブロックを入れることになります。
この作業だと一人では難易度が高く、敷居の高い高額なカスタムです。

ボディリフトが簡単に、一人で出来ないものかと考えた結果がブロックを切る事でした。

参考にした実例

みんからなどでゴムブロックに切れ込みを入れ、ボディを少し持ち上げてねじ込むやり方が紹介されています。
実際に試してみましたが、材料費は安く抑えられますが耐久性が低く、直ぐにで潰れてしまうという欠点がありました。
ブロックは消耗品と考えるならおススメ出来ますが、同じ作業を何度も繰り返したくない方にはあまりおススメ出来ません。

そこでたどり着いたのがこちらの方法です。

ジムニーのボディーリフト。意外と簡単で一人でも十分可能です。
ジムニーの定番カスタムに「ボディリフト」がありますよね? ディーラーからの指摘でボディリフトブロックを取り外したのですが、この度またボディ...

懸念事項

わたくしが実際に行ったリストアップ方法で危険がないのか…

結論から言いますと問題ないと考えています。

JB23は全部で8個のブロックを使用します。
前二か所は切断をしていあにブロックを使用しているので、ボディのズレやブロックの脱落の可能性は限りなく低いと考えられます。

それでも心配になってしまう方は、私が行ったように切り取った場所にハマるブロックを作成し、薄いアルミ板で覆ってホースバンドで締め上げる。
これで脱落すろことはほぼないと言えます。

※競技やガチでやられている方は避けたほうが良いかもしれません。
同じような物を作成して何か起きても責任は負えません。

作成方法

私は丸棒から作成しましたが、工作機械などの環境が整っていない場合、ヤフオクなどで格安のブロックを購入。
その後ノコなので切れば特殊な機械を使用しないでブロックを作成することが出来ます。

これで誰でも簡単に、ボディリフトが出来るようになりますね♪

まとめ

久しぶりのジムニーネタでしたがいかがでしたか?
ジムニーから降りて数年。

最近は「アゲバン」なるものが少し気になっています。
エスクァイアは嫁に乗らせてエブリイを購入もありですね!