MIG-130は意外と使える!?200VならDIYでも満足のいく溶接が可能です。

先日に引き続き溶接機のレビューです。
今回は実際に使用してみた感想を書きたいと思います。

前回の記事はこちらをご覧ください。

遂に購入!格安中華溶接機「MIG-130」を手に入れた!準備編
電気工事士の資格を習得し、ガレージを建て… 絶対に導入したい設備がありました。 「コンプレッサー」、「ボール盤」、「溶接機」の3つは憧れ...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




MIG-130…の前に!

前回開封したMIG-130は外観に少しへんてこな箇所がありましたが、他にはこれと言って気になる箇所はありませんでした。
コンセントの取り付けも終わり、後は使うだけ!

その前にその他の購入品を紹介したいと思います。

まずは面です。
面は付属の物がありますが、組み立て式で安っぽい。
良い物ではありませんが、安い中華性の面を購入しました。

中身はこちら。
デザインが派手な物もありますが、私はマットブラックを購入。

安物ながら調整の幅が広くなんとなく期待できそうです。

後はこちら。
付属のワイヤーの評判がとても悪かったので定番のスズキッドを。
MIG-130では定番のワイヤーです。

比較的大きなホームセンターなら売られているはずです。

溶接準備

準備と言ってもワイヤーを通すだけです。

上蓋を開き、ワイヤー設置個所のネジを外します。

ワイヤーを挟み込まなければならないのでロックを一度解除。

ワイヤーを通したら挟み込んだ際に「しっかり溝にワイヤーがはまっている」事を確認してロックをします。
※溝にはまっていないとワイヤー送りがうまくいかない場合があります。

後はレバーを握ればワイヤーが送られてきます。

これで準備完了です。

溶接開始

設定はよくわからないので初期値のまま溶接してみました。

これは溶接とは言えませんね。

二回目…
意外と簡単?二回目にしてあっさり綺麗な感じになり、ボルトの溶接にも成功。

ワイヤーをスズキッドの物に交換するとこんな感じ。

付属ワイヤー(左)とスズキッド(右)の比較です。
それ程差は感じませんが、スパッタが気持ち少ないかな?※画像は少し除去済み。

使ってみて

MIG-130の設定値は全4段階です。これは初心者でも分かりやすく好感が持てます。
一通り試してみて一番良かったのは下から2番目の強さでした。

レビューでパワーがないとの意見が見受けられますが、逆にパワーがあり過ぎる気がします。
板厚によっても左右されるとは思いますが、MIG-130の200VはDIYレベルでは実用以上の性能を秘めていると思います。

中華製の面もバッチリ機能してくれました。
最初は使い方が分からず、目がやられましたが…説明書は良く読みましょう。

まとめ

中華製で心配ではありましたが、無事溶接できました。
100Vではなくて200Vにして正解でしたね。

これからバイクの改造や家具作りに役立ってくれそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




フォローする