KSR110

KSR110をスタイリッシュに!フェンダーレスキットで現代風にカスタムしてみる。

KSR110のフェンダーレス化!初走行より先にやってしまいます。
走るのよりいじる事の方が好きな方いますよね?私もその手の輩です。

KSR110は先代のKSR-Ⅰ/Ⅱと共通している部品が多く、フェンダーレスも共通部品を使用します。
配線処理に多少の違いはありますが、KSR110用のフェンダーレスキットを購入すればKSR-Ⅰ/Ⅱ用のハーネスも付属している物が多いです。
KSR-Ⅰ/Ⅱのフェンダーレス化を検討している方も是非参考にしてみてください。

純正フェンダー&テールランプ

時代遅れと有名なKSR110のテール周り…
KSRⅠ/Ⅱと基本設計が同じなのでそう言われても仕方がないですね。

KSR110の純正テール周り。

縦に長いテールランプに下に長く垂れ下がるフェンダー。
後続車からの視認性や背中への泥はね防止には多大なる恩恵がありますが、時代遅れです。

今の流行は横に細長いテールランプにシュッとしたフェンダー。
KSR110も現代風なカッコいいテール周りに改造してみましょう。

KSRフェンダーレス化

購入部品

作業に入る前に今回準備した物を紹介します。

フェンダーレス化で購入した部品。

この2点です。

ACTIVE モタードテールランプキット

ACTIVEのモタードテールキット

名前がモタードテールキットになっていますが、フェンダーレスキットです。
現在KSR110用として販売されているキットの中で一番安く購入できます。
※タイから輸入した怪しい製品は除く。

もちろんKSRⅠ/Ⅱにも適合します。

テールキットの中身

中身はベース類にテールランプ、配線と説明書です。
フェンダーレス化に必要な物は全て揃っています。

デイトナ スリムリフレクターキット

デイトナのリフレクターキット

リフレクターがないとお巡りさんに止められてしまいます。
テールランプキットがACTIVEなのでメーカーを合わせる事も考えましたが、何故かKSR110には使用できないとの事。
なので比較的安価なデイトナ製にしました。個人的にデイトナが好きなのもあります。

作業開始

まずは分解作業から行います。

分解

まずはシートを外します。キーロックを解除すれば簡単に外れます。

最初はシートを取り外します。
キーでロックを解除すれば簡単に外れます。

シートの取り外しは簡単

シートは簡単ですね。

次はカウルです。

次はカウル。
前と…

後ろのボルトを取り外し

後ろ…
両サイドがネジで固定されています。

カウルが外せました

外れました。
結構汚れています。

カプラーを外します。

テールランプ、ウィンカーの配線を外します。
特に組み合わせを覚えなくても大丈夫です。カプラーが色分けされているので接続を同色で繋げればOKです。
※電気系統をいじる場合、バッテリーの-端子を取り外すのが望ましいです。

テールランプとフェンダーの後ろのボルト二本

次はテールランプとフェンダーを取り外します。
後ろはボルト2本。

前も二本のボルトで留まっています。

前も2本で固定されています。

なんか変なものが挟まれていました。

ん?
前のオーナーが何かクッションの様な物を挟んでいますね。
多分ビビリ音が気になったのでしょう。KSR110では意外と多いらしいですよ。ナンバーのビビリ音。

純正と大きさ比較

サクッと外してACTIVEのベースと比較。大きいし重いです。少しは軽量化できそうです。

取り付け準備

まずは純正からの流用品をACTIVEのベースに移植します。

ブッシュとカラーを移植

ブッシュとカラー。
このブッシュは結構な確率で切れるので注意しましょう。やばいと思ったら潤滑油で取れやすくするのも一つの手です。

ウィンカーを移植

ウィンカーを移植します。
個人的に純正のウィンカーって一番その車体に合うと思っています。

ナンバープレートベースを取り付け

キット付属のナンバープレートベースを取り付け。
皿ネジを使用するのでフラットになります。

取り付けの注意

ここで注意!
テールランプのネジを通す穴にズレが生じないようにナンバープレートベースを取り付けましょう。

端子にカバーを取り付け

テールランプの端子にカバーを付け…

テールランプをベースに取り付け

ベースにテールランプをセット。
ナットで締め付けます。
※ハーネスに付属の延長ハーネスを取り付けるのですが、純正とは異なりアースが必要になります。
端子のサイズからアースはテールランプの取り付けネジ部から取るようです。

完成です。

完成!
あとは車体に取り付けるだけ。

取り付け

取り付けと言っても難しいことはありません。

取り付けは簡単です。

純正と同じ場所で固定するのでネジを4か所締め込みます。
そして延長ハーネスを取り付け。

アースを取ります

私はアースを取り忘れていたのでここで共締めを行いました。

フェンダーレスキット取付完了

良い感じ♪

カウルとリフレクターキットを取り付ければ完成です。

後はカウルを戻し、リフレクターキットを取り付ければ完成です。
リア周りがスタイリッシュになり、現代風のバイクになりました。

ABOUT ME
だいぼうず
関東在住の2児の父。 車とバイクをこよなく愛し、多趣味すぎる一面も… 主にバイクや車、家電製品にガジェットについて書いています。