縦型デビュー!エイプの元祖!?R&P買っちゃいました。

R&P
スポンサーリンク

我が家にまた新たな仲間がやってきました。
ホンダの「R&P」です。

縦型エンジンで現在とても人気のあるエイプの元になったと言われているR&P…
今はあまり走っている姿を見る事が出来ないバイクですので、ばっちりレストアして走らせてあげたいと思います。
では、R&Pのご紹介です。

スポンサーリンク

Ride & Play

R&Pは「乗って楽しみ創造するこころ」をコンセプトに発売されたのが1977年。
当時はバイク全盛期で4大メーカーがしのぎを削って新車種を発表しまくっていました。

今ではなかなか販売に踏み切れないような遊び心を持ったバイクが沢山出ていた時代です。
R&Pもそんな面白バイクの一台です。

R&P

当時の販売価格は128000円
今では考えられない安さです。50ccのスクーターも買えませんよ…
エンジンはCB50のエンジンをデチューンして搭載し、4.3馬力を出力。
エイプ50が3.7馬力なので規制が緩い時代のバイクだなと感じます。因みにですが、CB50の後期型は6.3馬力もありました。
4ストで2ストに挑むホンダは凄い!

タイヤは前後5.40-10を装着し、今はカスタムで人気のあるファットタイヤを標準で装備。
流石豪華仕様です。

購入したR&P

では購入したR&Pのご紹介です。

購入したR&P

色はイエロー?だと思いますが、樹脂パーツは白化してしまっていますね。
炙れば多分色が復活するでしょう。

一応外装は敢えて再塗装をしない予定です。
フレームやらエンジン、塗装が必要な小物類はピッカピカにしたいです。
フロントフェンダーにマッドフラップが付いているので後期のR&Pですね。

ステッカーは痛みが激しい

ステッカーは痛みが激しいですがなんとか持ちこたえてもらいましょう。
専門店で同じような物を作成してもらうのもありですね。

フロントホイールは錆で再利用不可

フロントホイールは多分使えません。
腐食が激しく、強度が心配なので入手出来ればアルミホイールにしたいです。

フロントフォークも再利用不可

フォークも再使用不可。
摺動部に錆が出ているのでシールを傷め、オイル漏れの原因になります。
他車種用ではありますが、流用できるインナーがまだ新品で手に入るのでそちらを購入予定。

サイレンサーに穴はなさそう

サイレンサーには穴が開いている物が多いですが、見た感じ穴はなさそう。
R&Pよりもう少し古いバイクは水抜き用の穴が開いていたらしいですよ。

リアホイールの状態は良く、再利用が可能

リアホイールは表面に錆が浮いているだけなので再利用可能です。
折角なのでこちらもアルミにしたいですね。

日焼けで色が抜けた樹脂パーツ。焼けば元に戻りそう

樹脂パーツはやはり色が抜けてしまっています。
R&Pにはリアに大型のキャリアがあるので積載量は意外と高いですよ。
シートに少し穴があり…

樹脂パーツにはヒビもあり。これだと塗装は厳しそう

ヒビがありますが、これはこのまま生かしましょう。

走行距離は7300km程。多分実走行でしょう。

走行距離は約7300kmで多分実走行だと思われます。

以上簡単な紹介でした。

まとめ

実はホンダの縦型エンジン初デビューです。
今までは横型ばかりいじっていましたが、今後は縦型にすることにしました。理由はまた後日…

古くて今ではなかなかお目に掛かれないR&Pですが、エイプのおかげで部品には困りません。
手間暇かけて仕上げてあげようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました