車メンテナンス

STANLEYの掃除機!強力吸引で車内の掃除に最適。

前回紹介したスタンレーの業務用掃除機。
型式SL18410-5Bの開封と使用感を早速書きます。

前回の記事をまだ読まれていない方はこちらをご覧ください。

車用掃除機を導入!悩んだ結果、憧れのUSA家電『STANLEY』買っちゃいました!

スタンレー開封

どんな物でも新品を開封するのはワクワクしますね♪
外箱から思っていたより小さいと感じます。業務用といわれるとゴツイイメージがありましたが、そんな事はなさそうです。

スタンレーの掃除機を開封です

取り出して少しセッティング。
1万円以下の業務用掃除機はどれもホースの評判があまりよろしくない。反発が強くてあまり伸ばせないらしい…
商品ページでも説明されていますが、ホースは改良されていて改良版が入っています。柔らかく反発もなし。使い勝手は良さそうです。

付属品は掃除機の中に入っています

両サイドの黄色いロックを解除し、中を見てみるとその他の付属品が入っていました。

フィルター各種

ドライとウェットを使い分けるにはフィルターの交換は必須です。
ドライでも粉ものと比較的大きなゴミを吸う場合とではフィルターを使い分けます。
フィルター類は最低限の付属。あとはアタッチメントとコロコロが入っていました。

掃除機の足は差し込み式

コロコロはダストボックスをひっくり返すと差し込みがあります。

工具は不要です。

工具は不要です。差し込むだけで取り付けが可能。

吸入口と排出口があります。

ホースの差込口です。
こちら側は吸入側、写真を撮り忘れましたが反対側はブロワーの差込口になっています。
間違えると吸うつもりがゴミを吹き飛ばす事になるので注意!私は一度やらかしました。

ホースは軽く差し込みが可能。

ホースはそんなに力を入れなくても差し込めます。
ガタもなく、しっかりとした作りです。

延長用アタッチメントでかなり長くなります。

延長用アタッチメントを繋ぐと結構長くなります。

アタッチメントは豊富。

これだけあって、電源ケーブルも10Mなのでコンセントからかなり遠くまで掃除できます。

延長用のアタッチメントは差し込んで収納が可能。

アタッチメント類はこんな感じで収納?できるようになっています。

吸ってみる

掃除機なので気になるのは吸引力!

程々に汚れているフロアマット

程々に汚れているマット。

吸引後。しっかり吸えています。

吸引後。
正直実際に使ってみないと分からない事だと思いますが、かなり吸います。
今まで使用していたハンディタイプの物とは比べ物になりません。

遂に購入!車用ハンディークリーナーはR10DALに決定!

今まで使用していた物はこちらの記事をご覧ください。

騒音

業務用掃除機のデメリットはいくつかありますが、一番気になるのは騒音。

掃除機なんてどんな物でもうるさいですが、室内と屋外で使うのでは気の使い方が違います。
ましてや住宅密集地にお住みの方もいるでしょう。

我が家の普段の騒音

こちらが我が家の庭での騒音です。
とても静かな環境となっていますが、線路と国道が近いのでうるさい時はうるさいです。
ですが山の中なので住宅密集地でも普段はとても静かな場所です。

掃除機を使用した際の騒音

スタンレーの掃除機を使用すると約30db高くなります。
騒がしい仕事環境と書かれていますがピンときません…一言でいえば、うるさくはない!掃除機なんてこんなもん!
ってのが私の感想です。ダイソンの方がよっぽどうるさい気がします。

使い勝手

使い勝手はハンディーに比べると良いとは言えません。
保管場所も取りますし、コードやホース、本体が車に当たらないように使わなくてはならないので気を使います。
ですが気を使う以上の結果が得られるので私はとても満足しています。

ABOUT ME
だいぼうず
関東在住の2児の父。 車とバイクをこよなく愛し、多趣味すぎる一面も… 主にバイクや車、家電製品にガジェットについて書いています。