ライムグリーンのあいつがやってきた!KSRⅡで初Kawasakiデビュー!

KSR-Ⅱ
スポンサーリンク

日本では絶滅危惧種になりつつある2スト
あの加速を味わうと病み付きになります。

年々状態の良い2ストが減少してきており、ここいらで何か一台所持しておくのもいいのでは?と思っていました。

出来れば維持費がそれほど掛からない原付…ファミリーバイク特約に入れるのもポイントが高い。

せっかくだから今まで乗った事がないカワサキからKSR-Ⅱを購入することにしました。

KSR-Ⅱ

カワサキのKSRシリーズは現在も販売されているロングセラーシリーズです。
エンジンは4ストにない、現行のKSRproはとてもカッコいいですよね!

KSRシリーズの前身となるKSシリーズからKSRになり、エンジンは水冷50ccのKSR-Ⅰ、80ccのKSR-Ⅱがあります。
中でもKSR-Ⅱの最終型(B6)は今でも人気が高く、高値で取引されています。
本当は最終型が欲しかったのですが、交換部品の予算を考慮してB4かB5…
結果少し予算オーバーでしたがB4のベース車両を入手しました。

KSRがやってきた!

さて、早速購入したKSRをご紹介。

カワサキの定番カラー「ライムグリーン」のKSRです。

外装はこれまた定番の劣化が見受けられ、少し時代を感じますが現行の外装が取り付けられるので問題なし。

ホイールは前後錆が酷く、塗装必須です。

フロントフォークのインナーには摺動部に錆はなく、良い状態。
オイル漏れや滲みもないのでフォークはこのままで問題なし。

チャンバーも錆が酷いですね。
こちらは焼いて中身を綺麗にしてから耐熱塗装ですね。

リアサスも錆が…
ロッドに錆がないのは唯一の救いですね♪

リアブレーキは固着しています。

他にも色々…

シフトペダルの曲がり、ネジの欠品、オイルの飛び散り、定番のダクトの縮み。

全体的に年式相応の劣化は見受けられますが、パッと見た感じでは当たりかな?と思える個体ですね。

まとめ

初のカワサキ車はKSRⅡでした。
カワサキのバイクには正直良い印象はありませんでしたが、見た感じでは綺麗にまとまっているようで良い意味で裏切られました。
簡単な整備で動いてくれそうなので良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました